安全運転マネジメント

従来より弊社では、「安全運転の御提供=事故撲滅」が事業経営の大前提であると考え、経営トップをはじめ全社員が輸送の安全の重要性を深く認識し、安全を最優先とした取組みを行なってまいりました。2006年10月の運輸安全マネジメント導入を機会に、次に挙げる「輸送の安全に関する基本的な方針」に基づき、より一層安全で快適な輸送を実現すべく全社員一丸となって取り組んでおります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針(2017年度)

2017年度安全衛生管理方針で以下の基本方針を定めております。
安全衛生の確保は企業存立の根幹をなすものであり、企業の社会的責務である。人間尊重に根ざした経営理念にもとづき、以下を定め実施する。

  • 安全最優先の職場の実現
  • 関係法令及び社内規程の順守と基本動作の徹底
  • 運輸安全マネジメント体制の継続的改善
  • メンタルヘルス対策の推進
  • 過重労働による健康障害防止のための対策の推進
  • 生活習慣病予防対策の推進

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況(2016年度)

目 標 事故・災害ゼロ
達成状況 自動車事故報告規則に基づく有責交通事故/0件
自動車事故報告規則に基づく無責交通事故/0件

※「有責交通事故」 当社に過失のある交通事故
「無責交通事故」 当社に過失のない交通事故

3.輸送の安全に関する重点施策(2017年度)

2017年度安全衛生管理方針の特別強化項目として、以下の項目に取り組んでおります。

  • 安全管理体制の徹底
  • 技能長および社内指導員の活用
  • 日常安全活動の推進と先取り安全の実現
  • 昨年の事故災害原因分析に基づく安全対策
  • 統括支店重点実施事項

4.2017年度の目標

重大事故発生件数 目標0件
有責事故発生件数 目標20%削減
飲酒・酒気帯び出勤の撲滅 (0件)